勃起の仕組みとEDの原因について

基本的に勃起の仕組みは、視覚や聴覚、または触覚などによる静的な刺激や静的な空想です。

これらの刺激を大脳皮質が受けることにより興奮状態となり、勃起します。

大脳皮質からの信号は脊髄、骨盤の神経、骨盤神経叢というルートを通ったなと、末梢神経である陰茎海綿体神経に伝わります。

するとこの神経から一酸化炭素が放出されます。

これがきっかけとなり、陰茎海綿体内で神経伝達物質がみるみる増加します。

これによって普段は収縮している平滑筋が緩み、海綿体動脈に血液が流れ安くなることで、血液が大量に流れ込み、海綿体が膨れ上がりペニスが大きくなるのです。

これが基本的な仕組みになります。

海綿体が膨れ上がるだけでは勃起状態を維持する事はできません。

持続するためには、もう一つ重要な仕組みがあります。

静脈閉鎖機構と呼ばれる仕組みがあり、血液が流れた事により影響を受けた貫通静脈と白膜下静脈が圧迫され、海綿体から血液が逃げないように栓をします。

ホースの水と途中で手で握って流れを止めるのとよく似ています。

輸入動脈と輸出静脈を流れる血液量が多くなるにつれて、ペニスの海綿体中の血液量が増加し、勃起時のい硬度は高くなります。

当然、そのとき、動脈‐静脈わき道を流れる血液量は少なくなります。

EDの仕組みについてですが、勃起をするという事は、まず性欲が起こり、男性器が勃起し、男性器の膣内挿人、そして射精という一連の動作をする為に起こります。

この動作が十分でないために勃起を達成できない事をED言います。

これらの工程は 大脳皮質の働きで強くコントロールされていますが、この中のどれか一つに何かが起こってもEDは起こってしまうのです。

EDの原因と仕組みについては、大きく分けて2つの要因が考えられます。

上記の仕組みのどれかがうまくいっていない器質性EDと、それ以外を原因とした機能性EDが原因であるというものです。

EDの仕組みをすることで、EDの原因も見抜くことができます。

そうすれば、EDの解決策も見出すことが可能です。

Post comment

アーカイブ

Categories

Archives

  •  (1)
  •  (2)
Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans